ドラゴンボール超:ビルスとディスポの似た見た目と歴史

ビルスとシャンパの故郷の惑星は ドラゴンボールスーパー の最大の謎。この 2 つは毛のない猫の種に基づいていますが、どこから来たのか、さらに多くの種が存在するかどうかはまだ明らかになっていません。しかし、ファンは、第 11 宇宙の Dyspo が同種のものである可能性があると推測しています。ビールスに似ています。シャンパでさえ、その関係に気付いた。ファンにとっては残念なことに、シリーズがこれまでにそれを取り上げたのはこれが唯一の時間でした。



Dyspo のデザインは、Beerus よりも耳がはるかに長く、破壊神のような尻尾がないため、よりウサギに基づいています。ビルスやシャンパのように無毛にも見える。二神と同じく出自は不明だが、ビルスにも言える正義感が強い。彼の戦闘スタイルはスピードに基づいており、チャンパでさえ、彼が戦う姿を見るとディスポを見るのに苦労しました。





ビルスはもともとトカゲのはずだったが、鳥山明はコーニッシュレックスの猫であるデボをモデルにデザインを変更することにした。 14歳だったこの猫は、ある時点で病気にかかりましたが、獣医が彼の余命は長くないと言っていたにもかかわらず、獣医はデボを「悪魔」と呼ぶように促しました。彼はまた、より敵対者であり、他の人に悪を感染させる能力を持つことを意図していました.彼の名前は、「ウイルス」という言葉の日本語の発音でさえあります。



では、どのようなつながりがあるのでしょうか。ファンは次のような場所に行っています Quora 力のトーナメントの参加者の 1 人が破壊の神に似ている理由を理解しようとします。 Youtuber の ExperGamez は、主要な起源というよりも、スタッフによるデザインのリサイクルのほうが多い可能性が高いと示唆しています。彼は、シリーズがデザインを再利用するのはこれが初めてではないと指摘し、 Ginyu Force 例として。リクームは地球の人間のように見えましたが、他の種や惑星の出身でした。可能性の範囲外ではありません。





関連:ドラゴンボールZ:復活「F」がドラゴンボールスーパーの舞台を設定する方法



しかし、ビールス、シャンパ、ディスポが同じ惑星から来ている可能性もあり、誰もが擬人化された、紫色の肌と大きな耳を持つ毛のない動物です。両者の類似点を考えると、デスポはビルスが破壊神でなかった場合のビールスの姿を表している可能性があります。ビルスは、サイヤ人民族の破壊の間に助けを拒否したときに見られるように、他人の運命を気にしません。

一方、ディスポはより思いやりがあり、彼の宇宙から悪を取り除き、その目的のためにプライド・トルーパーに参加することを目標としています。もともとビルスは悪をまき散らすはずだったので、ディスポは彼の対極にあるはずだ。それらは同じコインの両面です。ただし、鳥山または制作チームの誰かが登場するか、シリーズがシャンパとビールスのバックストーリーに入るまで、ファンは憶測を続ける必要があるかもしれません。

読み続けてください: ドラゴンボール: 悟空を永遠に変えた 5 つのシーン



エディターズチョイス


スパイダーマン:ファー・ホーム・ディレクターが続編に戻ってこないかもしれない

映画


スパイダーマン:ファー・ホーム・ディレクターが続編に戻ってこないかもしれない

最初の報告にもかかわらず、ジョン・ワッツ監督はスパイダーマン:ファーフロムホームの続編に戻ることはできません。

続きを読みます
リック・アンド・モーティのベスト 10 コスプレ

リスト


リック・アンド・モーティのベスト 10 コスプレ

リック アンド モーティのファンはコスプレで出かけるのが大好きで、これらは最高のコスプレのほんの一部です.

続きを読みます