僕のヒーローアカデミアプレミア:爆豪勝己はビッグ3の1つ

警告:以下には、マイヒーローアカデミアシーズン5、エピソード1、「オールハンズオンデッキ」のネタバレが含まれています。クラス1-A、 '現在ストリーミング中 Crunchyroll とファニメーション。



僕のヒーローアカデミア はシーズン5に戻り、クラス1-Aの生徒は、教師と直接対決しなければならなかったシーズン2の最終試験を彷彿とさせる別のトレーニング演習に直接投げ込まれます。しかし、今回はビッグ3が意欲的なヒーローを引き受けるためにステップアップしています。これは練習ですが、誰もがこれを真剣に受け止めなければなりませんが、爆豪は天地木と行き過ぎたのかもしれません。





授業の開始時に、相沢は生徒たちに準備を整えるために一段と物事を蹴り上げることを知らせ、数秒後、緊急訓練のために警報が鳴ります。生徒たちはスーツを着て演習に向かい、そこでチームに分かれて偵察、消防、救助、戦闘を行います。しかし、爆豪は残りのクラスを離れて悪役を探し、霧島とカミナリを連れて行った。



クラス1-Aの残りの部分が巻き添え被害を処理し、民間人を装ったミリオを救助するとき、「悪役」の1人は、芦戸を人質に取った波動であることを明らかにします。彼女と一緒に、これを行うことにもっと消極的なアマジキがいますが、彼はミリオにクラス1-Aの適切なヒーローを作るのを手伝うことを約束しました。クラスは最終的に波動を捕らえながら芦戸を解放することができます。しかし、天地木を引き受けるのは難しいことがわかります。





ここにいたくないのに、緑谷出久を抑えて声をかけ、天地木は全力を尽くす。彼は緑谷に壊滅的な打撃を与えるところだったが、カミナリ、キリシマ、バクゴはロールアップし、カミナリは電化の癖を使って車を熱線でつなぎ、霧島は硬化の癖を使ってアマジキに取り組み、バクゴは爆発の癖を使って彼にさらなる後押しを与えた。



爆豪が最終ヒットとなり、天地木を地面に固定。これでドリル​​は終了し、クラス1-Aは成功しました。しかし、これは爆豪にとって適切な勝利ではなく、天地木を驚かせます。爆豪は天地木が彼を楽にしたと信じている。しかし、たまたま臆病な性格の天地木は、爆豪を襲ったときの顔にただ怯えていた。

爆豪は彼を信じておらず、ビッグ3の1人が彼を過小評価するだろうと深く侮辱している。残りのクラスは、爆豪の振る舞いにショックを受け、心配し、恥ずかしそうに見える仲間たちと一緒に見守っています。しかし、それは驚くべきことではありません。

関連:僕のヒーローアカデミア:[SPOILER]のUA出口は重要なイタチプロットを反映しています

爆豪は彼自身と彼のライバルに対して高い基準を持っています。たとえば、スポーツフェスティバルの期間中、爆豪は轟焦凍に自分の癖を最大限に活用しなかったことに激怒し、授賞式では、それを与えなかった人に勝つことに非常に腹を立てているため、拘束する必要があります彼らのすべて。

爆豪にとって、ライバルが全力を尽くしていない場合、シーズン3、エピソード23、「デクvsかっちゃん、パート2」に見られるように、ライバルは彼を弱いと見なしていると彼は信じています。ここで爆豪は、オールマイトの引退につながったのは自分の弱さであると感じていることを明らかにし、緑谷が後で適切に彼を超えることができるように強くなることを奨励しています。

彼はこれらの問題のいくつかに取り組んでいますが、彼の劣等感はこの演習中に戻ってきます。爆豪はアマジキを呼んだ後、最初にやりたかったように家に帰らなかったことを即座に後悔している上級生を爆破します。アマジキを爆破するとともに、周りのみんながこの爆発で爆破されます。これは爆豪を相沢とトラブルに巻き込みますが、意欲的なヒーローはこれが悪役に対して行う正しい動きであると信じていますが、トレーニングの練習でもそうです。

読み続けます: マイヒーローアカデミアシーズン5ガイド:ニュース、イースターエッグ、レビュー、要約、理論、噂



エディターズチョイス


テレビの伝説が明らかに |なぜCBSは「キャグニーとレイシーの」最初のキャグニーを置き換えたのですか?

テレビ


テレビの伝説が明らかに |なぜCBSは「キャグニーとレイシーの」最初のキャグニーを置き換えたのですか?

テレビの幹部が「キャグニーとレイシー」が 2 人のレズビアンについてのように見えると恐れていた、もっと醜い時代を振り返ってみましょう。

続きを読みます
ロスト・イン・スペース、シーズン3の制作を完了

テレビ


ロスト・イン・スペース、シーズン3の制作を完了

Netflixのロスト・イン・スペースの第3シーズンと最終シーズンは、COVID-19に関連する遅延に耐えた後、生産を終了しました.

続きを読みます